ホーム > プロジェクト > 食と地域の交流促進対策事業(近畿農政局)

食と地域の交流促進対策事業(近畿農政局)

篠山の城南地区における交流促進を目的に、「城南地区まちづくり協議会」と神戸市灘区の「成徳ふれあいのまちづくり協議会」が連携、NPO法人食と農の研究所がコーディネートすることで、まちとむらをつなげ、交流や連携を促進していく事業です。(2011年度、2012年度を予定)

具体的には、

1.マルシェの開催(野菜市)
神戸市灘区の六甲道南公園にて、毎年10月にふれあいマルシェを開催。
また、毎月1回城南の新鮮野菜を生産者のおじさま・おばさま達が、まちで元気よく販売してます。

2.グリーンツーリズムの開催
神戸市灘区の協議会メンバーや野球チームの少年達が、城南の農作業のお手伝いに行ったり、生き物調査することで、まちとむらの交流を促進していきます。

3.成徳米の開発
神戸市灘区の成徳地区の方々と城南の田んぼを活用して、成徳米を商品開発。昨年のマルシェでは、即完売しました。


担当:山口寛人(事務局長)