新しい農のカタチ 農家さん手伝いツアー

8月22日に拡大版ノラバでバスツアーを行いました。ボランティアが初めての人にもわいわいと楽しみながら農作業に親しんでもらおうという初心者向けの企画でした。
午前は“のらとも”のめぶき農房さんへ。畑は除草剤もつかわないため,草とりは重要な作業。まずは育ってきている小豆のまわりの草を手鎌でそっと刈りました。
そのあとはたっぷりかいた汗を流すために近くの温泉に。
入浴中には「どこから来たん?」と地元の方から話しかけていただき,思わぬ裸の交流を気持ちのいい温泉と共に楽しめました。
午後は自家製野菜をたっぷり使っているこちらも“のらとも”のfutaba cafeでランチをいただき,その野菜が育っている畑もみせていただきました。また雑草をせっせと食べてくれるヤギとのふれあいに,参加者のみなさんの顔も自然とほころびました。
ボランティアもそうですが,
畑で採れたお豆をわけていただいたり,ランチやケーキをいただいたりといった “消費”というカタチや
こうして体験したこと,美味しかったことを伝えていくというカタチ
ここで出会った人と人が「農」というつながりで広がっていくカタチも
まちの人々が「農」を応援するカタチであり,「農」の情報を伝えるカタチであると考えて,多角的に取り組んでいます。
また今回は「日本農業を元気にしたい」「新しい力を呼び込むための農業の魅力アップにもつなげていく」という思いで「フィールドウエア」開発されているメーカーのmont-bellさんから農ガールのウエアをお借りし,スタッフはこれを実際に着用して参加しました。
参加者さんからは,「仕事の疲れ以上に楽しかったので,また来たい」「草刈りをすれば大変さがわかり,野菜がより美味しく食べれる」などの一日の体験からくる思いのこもった感想をいただきました。
次回は10月を予定してます。今まで農業ボランティアに興味のなかった初心者の方,一緒に農村を満喫しませんか?あなたの新しい農のカタチを見つけてください。

六次産業化を考えるシンポジウムにて

わがNPOの理事である中村貴子先生と中塚華奈先生とマイファーム代表の西辻一真さんと3人が登壇されるシンポジウムが19日に京都で開催されました。

中村先生からは、地域を元気にする女性起業家による酪農業からの6次産業化の紹介を
中塚先生からは、神戸のトーホーと淡路島の新家青果の取り組みについて6時産業化という視点からのお話でした。

最後に西辻さんから 「自産自消」の循環で農社会の革命をという理念のもと次々に展開されている幅広い事業の説明がありました。

新しいビジネスにより農業界にも少しですが、新風が吹いているのを感じました。
なにより、女性2人のパワーは 西辻さんをも圧倒していたのではないでしょうか。写真が物語っている?(笑)

かわいいアイガモちゃんたち

先日、丹波の有機農家さんのところへ行ってきました。
アイガモ農法の水田があり、歩いて見に行くと
カモちゃんたちがピイピイなきながら近くに集まってきてくれます。
かわいくてじっと見ていましたが、あいにく雷が鳴りだし空模様が怪しく変化。
後ろ髪をひかれながら、水田を後にしました。

今はまだ毛がほわほわのかわいいちびちゃんたち
お役御免になると連れていかれてお肉にされてしまう。。。

田圃はそういうような命を学んだり、生命の循環を考えたりする場だな〜としみじみ考えながら家路につきました。

夏の新企画に向け,始動しました!

しばらくブログをお休みしておりましたが,本日はこの夏からの新企画にむけ,作戦会議をおこないました。

「農」のある暮らしを身近に体験いただけるようなプログラムをいろいろ計画しています。

まず,来週丹波地域の有機農家さんを伺い,情報収集してまいります。

はやく企画をイベントとして作り上げ,たくさんの方に参加いただけるよう,順次情報をアップし参加者を募集したいと思います。

もうしばらくお待ちください~