安易なネーミングからの妄想と落胆

ここでボヤかせてください

「農産物と加工品を販売するマルシェを開催します」

という告知があったので、すごく期待して楽しみに出かけていきました

行政の農政課とJAとの共催で

農業者の経営強化プランコンテスト というビッグイベントにあわせての開催だし

テレビ取材もたくさん入っている

きっと出場者のこだわり野菜がたくさん並んで

試食なんかもいっぱいあって

地域の生産者の話もたくさん聞けるだろうと。。。

そんなわたしの勝手な妄想がいけなかったのかもしれません

 

出店者をアレンジされた方の話では

「こんなん、なんちゃってやし。

もう最初から8店舗しかスペースないから、(出店希望者の)募集もしてないよ。」 とのこと

 

8店舗のうち

生鮮野菜の取り扱いは 3ブース

① レタス2種のみ(ドレッシングなどの加工品販売がメインなので)

② JA職員がてがける店舗

「集荷所からもってきました。生産者はわからないですね。販売が目的ではないです。あくまでJAの広報の一環です」

③ 地域の若者が生産した野菜を各種販売

そして野菜以外は

④ 行政ブース(ポスター掲示のみで説明の人もいないし配布リーフレットなどもなし)

⑤、⑥ お土産的なご当地物販

⑦、⑧ 協賛企業の展示

これで「マルシェを開催します」とアナウンスするのって どうなんでしょう。。。

別に農業に関係ない人が 自主財源で企画してるものなら 話は違うんです

でも でも 最も農業とのかかわりの深いはずの方々が主催している

 

せめて 「マルシェを開催します」と言わずにやってほしかった

「テント建てるイベントやからマルシェでいいか」という安易なネーミングにより

・マルシェと聞いて 野菜を期待しない消費者が増える

・マルシェと聞いて 出店したいと思う生産者が減る

そういうマイナスの効果がある と言っても過言ではない?。。。

 

マルシェをこよなく愛する私は、本当に悲しくなりました

まあ、勝手な私の妄想がいけないだけなんですけどね。。。

(マルシェ研究者 豊嶋尚子)